メッシ、エンバペら…GOALが選ぶカタールW杯ベストイレブン

Kylian Mbappe Lionel Messi GFX

決勝に進出したアルゼンチン、フランスをはじめ、カタール大会のベストプレーヤーを紹介します。

2022年カタール・ワールドカップは終わった。記録的な数のゴール、序盤のドラマ、そして大会史上最高の決勝戦で締めくくられた大会のことを、すぐに忘れる人はほとんどいないだろう。

アルゼンチンは決勝でフランスと対戦し、リオネル・メッシは、その素晴らしいキャリアで手にすることができなかったトロフィーをついに手にし、史上最高の選手に関する議論に終止符を打つことになった。

メッシは大会のベストプレーヤーとしてゴールデンボールを獲得し、GOALのチーム・オブ・ザ・トーナメントに選ばれるのは間違いない。

以下では、今大会の最高の選手たちを紹介する。

  • Emiliano Martinez Argentina 2022Getty ImagesGK:エミリアーノ・マルティネス(アルゼンチン)開幕戦でサウジアラビアに2度の失点を喫した後、マルティネスは何としてでもゴールを守ろうとする男のように見えた。ベスト16のオーストラリア戦、オランダ戦、フランス戦、そして日曜日の劇的な勝利の場面で、彼は自分のエリアを見事にコントロールし、重要な場面でビッグセーブを見せた。大会最優秀GKにふさわしい選手である。
  • Achraf Hakimi. BackpagePixRB:アクラフ・ハキミ(モロッコ)モロッコが準決勝まで勝ち進む中、ハキミは大会を通して常に素晴らしいプレーを見せ、世界中の人々の心をつかんだ。パリ・サンジェルマンの右サイドバックは、ピッチの両側で素晴らしい活躍を見せた。カナダ戦でのユセフ・エン・ネシリへのアシストは、大会のハイライトの一つであった。
  • Nicolas Otamendi ArgentinaGetty ImagesCB:ニコラス・オタメンディ(アルゼンチン)大会に臨むアルゼンチン代表の強さと同様に、34歳のオタメンディがワールドカップで傑出した選手の一人となることを予想した者はほとんどいなかっただろう。しかし、ベンフィカのセンターバックは、大会のほぼ全日程で特別な存在であり、決勝戦でフランスに最初のPKを与えるファウルは、惨敗のきっかけになりかけたが、元マンチェスター・シティの選手にとっては、良いことの方が悪いことをはるかに上回っていたのである。
  • Josko Gvardiol Croatia 2022 World CupGettyCB:ヨシュコ・グヴァルディオル(クロアチア)準決勝でメッシが彼にしたことは忘れよう。あれは、どのディフェンダーにも起こりうることだ。今大会はグヴァルディオルにとって飛躍の年となり、世界最高の新進気鋭のDFの一人としての地位を確固たるものにした。若干20歳にして、彼は本物の才能を持っている。
  • Theo Hernandez France 2022Getty ImagesLB:テオ・エルナンデス(フランス)エルナンデスは、開幕戦で兄リュカが負傷した後、確実にそのチャンスを掴み、印象づけた。大会中、思いがけず先発のチャンスを得たエルナンデスは、フランスが決勝トーナメントに進む上で重要な役割を担った。準々決勝のイングランド戦では、ブカヨ・サカにかなり苦しめられたが、準決勝のモロッコ戦では、立ち直ってゴールを決めるなど、良いメンタリティーを示した。
  • Amrabat World Cup 2022GettyCM:ソフィアン・アムラバト(モロッコ)フィオレンティーナのMFは、どんな大会になったのだろう。モロッコの中盤では本当に巨大な存在であり、2022年カタール大会で壁を打ち破ったチームの中心的存在であった。 1月でなくとも、今夏の大移動は間違いなく計画されている。
  • Enzo Fernandez Argentina 2022Getty ImagesCM:エンツォ・フェルナンデス(アルゼンチン)フェルナンデスは、グループステージのメキシコ戦でベンチから素晴らしいゴールを決めたとき、他の選手たちに警告を発し、その瞬間からアルゼンチンの先発メンバーに定着し、決勝トーナメント進出という成功に不可欠な存在となった。このエキサイティングな中盤の才能は、ベンフィカが今後数か月の間に獲得するのに苦労するかもしれないが、少なくともこの大会最優秀若手選手を売却する際には、高額な報酬を要求できることは分かっているはずである。
  • Lionel Messi Argentina Croatia 2022 World CupGettyRW:リオネル・メッシ(アルゼンチン)これ以上何を言うのか?メッシは、まだ絶頂期のパフォーマンスを発揮できるのかどうか、多くの人が疑問視する中で大会に臨んだが、最高の形でそれに応えた。7ゴールを決めたが、準決勝のクロアチア戦でフリアン・アルバレスに決めたアシストは、決して忘れられない瞬間となった。マスターの仕事ぶり。
  • Antoine-Griezmann(C)Getty ImagesCAM:アントワーヌ・グリーズマン(フランス)グリーズマンは、フランス代表で何という驚異的な活躍をしたことだろう。大会前夜、ディディエ・デシャン監督からやや深めのポジションを任されたアトレティコ・マドリーFWは、監督の呼びかけに応え、素晴らしいプレーを連発した。彼の労働意欲は並外れたものであったが、それでもなお、彼のクリエイティブな資質は前面に出ていた。素晴らしい。
  • Kylian Mbappe World Cup 2022GettyLW:キリアン・エンバペ(フランス)エンバペは、4年前のロシア大会に続き、またしてもワールドカップで傑作を披露した。パリ・サンジェルマンのスターは、8ゴール2アシストでフランスを決勝に導き、ゴールデンブーツを獲得した。ケガさえなければ、エンバペは少なくともあと2回のワールドカップを楽しめるはずだ。この調子でいけば、ほぼすべての大会記録を塗り替えられるだろう。
  • Julian Alvarez of ArgentinaGetty ImagesST:フリアン・アルバレス(アルゼンチン)アルバレスとオリヴィエ・ジルーは、自国を代表する選手として素晴らしいパフォーマンスを見せた。しかし、アルバレスが国際舞台で頭角を現したことは、ワールドカップの楽しみのひとつであり、クロアチア戦での個人技によるゴールは長く記憶に残るだろう。アルゼンチンには、またしても巨大な攻撃の才能がある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中