VUCAとは何か。VUCA時代を生き抜く企業に必要なこと

現代は、新型コロナウイルス(COVID-19)といった感染症などの疾病や台風、地震などの災害、AI技術の急激な進化により世の中の変化を予測しにくくなっています。この先もどのように変化していくのか、予測が難しい状況といえるでしょう。
このように今後の予想がしにくい状況をVUCA(ブーカ)という言葉で表すことがあります。
そこで今回は、VUCAという言葉の意味についての解説と共に、企業がVUCA時代を生き抜くために必要なことをご紹介します。

VUCA(ブーカ)とは


VUCA(ブーカ)とは

VUCAとは、Volatility・Uncertainty・Complexity・Ambiguityの頭文字を取った造語で、社会やビジネスにとって、未来の予測が難しくなる状況のことを意味します。
この、Volatility(変動性)・Uncertainty(不確実性)・Complexity(複雑性)・Ambiguity(曖昧性)は、時代の特性を表しています。
VUCAは、元々アメリカで使われていた軍事用語です。1990年代にアメリカとロシアが対戦していた冷戦が終結し、核兵器ありきだった戦略が不透明な戦略へと変わったことを表している言葉でした。その後、2010年代に変化が激しい世界情勢を表す言葉としてビジネスでも利用されるようになったのです。

では、Volatility・Uncertainty・Complexity・Ambiguity、この4つの語が表す意味について見ていきましょう。

  • 変動性(Volatility)
  • 不確実性(Uncertainty)
  • 複雑性(Complexity)
  • 曖昧性(Ambiguity)

VUCA時代を生き抜くためには


激しい変化が起こり、これまでの常識が覆されるとするVUCA時代。ビジネスでは、この時代をどのように生き抜くべきなのでしょうか。

  • 課題の発見と解決力
  • 自力で生きる能力を身につける

VUCAに対応できる企業・組織になるには


VUCA時代に、柔軟に対応できる企業・組織を作る必要があります。VUCA時代に対応できる企業・組織のあり方をご紹介します。

  • ビジョンを明確にする
  • チャレンジし続ける
  • 情報収集・学習を常に実施する

VUCA時代に必要な人財とは


VUCA時代は、想定外の事象が起こることが多々あると考えられます。そのため、想定外のことであっても柔軟に対応でき、迅速に行動に移せる人財が必要です。

  • 新たなリーダーシップ能力を持った人財
  • 迅速で責任のある決断力を持った人財

おわりに


今回は、VUCAについて解説しました。
VUCAとは未来の予測が難しくなる状況のことを指します。新型コロナウイルス感染症の影響により、これから先の未来の予測が困難な状態です。このようなVUCA時代には、めまぐるしく変化していく世の中に対して、柔軟に対応していく必要があります。
企業は、VUCA時代に適用できる人財を育成することも必要であるといえるでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中