MSが「Windows 365 Cloud PC」を発表、WindowsをSaaSで利用するメリットは?

Microsoftが「Cloud PC」としてユーザーごとの月額固定料金でVDIを提供すると発表した。以前からうわさになっていたCloud PCだがその内容とは。

 Microsoftは、2021年7月14~15日の2日間にわたって開催する「Inspire 2021」において、Windows環境を月額固定料金で提供する「Windows 365 Cloud PC」(以下、Cloud PC)を発表した。MicrosoftのScott Manchester氏(Partner Director of PM,Windows 365)は、ユーザーにとって使い勝手がよく、IT部門にもメリットをもたらすと話すが、どのような内容なのか。 Cloud PCのイメージ(出典:MicrosoftのWebサイト)

OSを選ばずあらゆるデバイスで利用可能な月額固定サービス

 Cloud PCはデスクトップ仮想化によって、MicrosoftのクラウドでホストされたWindows10またはWindows 11のデスクトップ環境を提供する。MicrosoftのVDIソリューションである「Azure Virtual Desktop」をベースにしているが、Cloud PCはユーザーごとの月額固定料金で利用でき、企業規模を問わず導入しやすいとしている。macOS、iOS、Linux、Androidなど、OSを選ばずあらゆるデバイスに対応する。

 ユーザーは、Webブラウザまたは専用のアプリケーションからユーザーポータルにアクセスし、Cloud PCにログインする。 Manchester氏は「インスタントオンブートエクスペリエンス」というキーワードを使い、あるデバイスで中断した作業を他のデバイスで再開でき、自分のデスクトップ環境にいつでもアクセスできることが強みだと話した。

 「例えば、アメリカで金曜日にラップトップを使って作業をしていて、月曜日にはフランスでiPadを使って作業を再開できる」(Manchester氏)

Cloud PCのIT管理者におけるメリット

 Cloud PCを利用する際は、Microsoft 365の他のサービスと同様に、Azure ADのアカウントにCloud PCのライセンスを割り当てる。他のWindows PCと同様に「Microsoft Endpoint」の機能を利用でき、管理者はセキュリティポリシーやアプリケーション、権限を管理する。Azure ADによる多要素認証も活用可能だ。

 Cloud PCは分析機能を提供しており、管理画面のダッシュボードでネットワーク接続の健全性やユーザーの接続時間などを確認できる。これによってIT管理者のヘルプデスクの負荷が下がるとしている。

 エディションとして「Windows 365 Business」と「Windows 365 Enterprise」の2つの選択肢がある。現時点で詳細な料金は不明で、2021年8月2日に公式に発表される予定。性能はCPUが1~8コア、メモリが2~32GB、ストレージが64~512GBを用意する。図 Cloud PCの管理画面(出典:MicrosoftのWebサイト)

関連記事

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中