ZARD坂井泉水の画像まとめ!

済んだ歌声と心に残る曲で有名だったZARDの坂井泉水さんですが、実はレースクイーンだったこともあるそうです。坂井泉水さんのレースクイーン時代のグラビアや、セミヌードグラビアなどについても調べてみました。坂井泉水さんのレースクイーン時代のグラビアを紹介します。

グラビアが気になる坂井泉水さんのプロフィール

レースクイーン時代のグラビアも気になる坂井泉水さんですが、どのような人だったのでしょうか。坂井泉水さんのプロフィールについてみていきましょう。

グラビアが気になる坂井泉水さんはこんな人

・愛称:???
・本名:蒲池幸子
・生年月日:1967年2月6日
・現在年齢:享年40歳
・出身地:神奈川県平塚市
・血液型:???
・身長:165センチ
・体重:???
・活動内容:女性歌手、作詞家
・所属グループ:ZARD
・事務所:SENSUI
・家族構成:父、母、弟、妹

坂井泉水さんは神奈川県内の小学校、中学校に通っておられたようです。中学時代は陸上部に所属しますが、ギタークラブともかけもちをしていたようです。中学校を卒業後は坂井泉水さんは神奈川県立伊志田高等学校に進学しました。高校時代は硬式テニス部で活動していたようです。高校を卒業した坂井泉水さんは松蔭女子短期大学に進学することになりました。

大学を卒業された坂井泉水さんは就職活動をされ、不動産会社の第一不動産でOLとして働いていたそうです。しかし、1989年に街頭でスカウトされた坂井泉水さんは、スターダストプロダクションでモデルとして活動していくことになりました。モデル時代の坂井泉水さんはカラオケビデオに出演されたり、キャンペーンガールとしても活躍されました。

坂井泉水さんがZARDとして活動し始めるのは、1990年の8月のことでした。しかし坂井泉水さんは最初からZARDとして活動していたわけではなく、最初は別のグループのオーディションを受けたのだそうです。そのオーディションは落選してしまいましたが、これがきっかけでZARDの結成につながったようです。1991年に坂井泉水さんはZARDとしてデビューを果たします。

デビュー後の坂井泉水さんはトップアーティストとしてミリオンヒットを連発するなど活躍されますが、2000年ごろから病気を患い、闘病生活が続いていたようです。2006年には子宮頸がんの手術を受けられ退院しますが、その後、がんが肺に転移していることが発見されます。坂井泉水さんが再び入院され、その入院中に病院内のスロープから転落し、2007年の5月26日に死去されました。ZARD坂井泉水の死因の真相は?自殺説や事故の噂?病気で闘病中だった? | Luupy[ルーピー]今もそのミステリアスな人生と死因から、様々なエピソードが存在するZARDの坂井泉水。そんな坂井泉水は死因が病気や自殺など様々な噂があるんです。そもそも、その自殺と言われている現場にも多くの謎が残っているんです。坂井泉水の画像やその自殺の死因や真相に迫ります。出典: ZARD坂井泉水の死因の真相は?自殺説や事故の噂?病気で闘病中だった? | Luupy[ルーピー]

坂井泉水さんのZARDとしての活動は?

坂井泉水さんがZARDとしてデビューしてから死去されるまでに数多くの楽曲を発表してきました。坂井泉水さんのZARDとしての活動について紹介します。

ZARDは坂井泉水さんのソロプロジェクトで、ほかにメンバーがいるというわけではないようです。坂井泉水さんはZARDの中で、ボーカル、作詞、作曲、プロデュース、さらにはディレクションまでを担当されていたようです。ZARDのデビューシングル「Good-bye My Loneliness」はテレビドラマ「結婚の理想と現実」の主題歌としても使用されました。

ZARDはメディアへの露出が極度に少ないことでも有名でした。それは坂井泉水さんがあがり症で、テレビ出演の後などに具合が悪くなったことがあったなどという理由があるともいわれています。その活動期間の中でのZARDはのテレビ出演は稀少なもので、世間でもZARDは滅多にテレビに出演しないものとして認識されていました。しかし、メディアへの露出は少なくても、ZARDの曲は売れ続けました。

ZARDの曲の中でもっとも有名と考えられるのが「負けないで」ですが、この曲はZARDの6枚目のシングルになります。それまでは恋愛系の曲が多かった中で、この曲はあらゆる人に当てはまる応援ソングのような雰囲気があります。当初はフジテレビのドラマ「白鳥麗子でございます!」のエンディング曲として使用されましたが、現在は24時間テレビでランナーがゴール寸前に流れる曲として有名です。

ZARDには他にも数多くのヒット曲があります。そのなかでも「負けないで」とともに「揺れる思い」と「マイ フレンド」がミリオンセラーになりました。「揺れる思い」はZARDの8枚目のシングルですが、当時はポカリスエットのCMソングとして使用されていました。この曲は2014年から小田急小田原線渋沢駅で「負けないで」とともに接近メロディとして使用されています。

実はレースクイーンだった過去がある坂井泉水さん

実は坂井泉水さんにはレースクイーンだった過去があるということをご存知でしょうか。坂井泉水さんのレースクイーン時代について紹介します。

坂井泉水さんは芸能界デビュー当時はモデルとして活動されていました。その当時は本名で活動しており、グラビアに載せる名前も本名の「蒲池幸子」となっていることも多かったようです。当時の画像などを見ると、ZARDとしての坂井泉水さんとはまるで違う華やかな画像も出てきます。しかし、坂井泉水さんとしては、モデルなどをしながらもいつか音楽の道に進みたいという気持ちはあったようでした。

レースクイーンとなる前の坂井泉水さんは、航空会社のキャンペーンガールもされていました。日本エアシステムのフルロードキャンペーンのキャンペーンガールや同じく日本エアシステム系の「JAS CARGO」のキャンペーンガールなどを坂井泉水さんはされていたようです。当時から坂井泉水さんはとてもプロポーションが良かったようです。

坂井泉水さんがレースクイーンとして活躍されていたのは1990年頃で、日清カップヌードルレーシングチームの2輪のレースクイーンをされていたようです。レースクイーンとしての同期には岡本夏生さんがいるようです。ただ、ZARDとして活動するようになってからは、スタッフたちの間では坂井泉水さんのレースクイーン時代の話題は禁句となっていたようでした。

坂井泉水さんはこのレースクイーン時代に写真集「Body Works」やビデオ、さらにはセミヌード写真集の「NOCTURNE」を発売されています。他にもグラビア系の雑誌に多数掲載されたり、グラビアモデルとしてテレビ出演などもあったようです。現在ではこうした映像や写真集などはかなりレアなものとなってしまいました。ネットのオークションなどでも高値で取引されているようです。

レースクイーン時代の坂井泉水さんの画像

レースクイーン時代の坂井泉水さんの貴重なグラビア画像について調べてみました。露出も多めの坂井泉水さんのレアなグラビアを紹介します。

レースクイーン時代の坂井泉水さんのグラビア

こちらはレースクイーン時代のものではありませんが、その前の日本エアシステムのキャンペーンガール時代の坂井泉水さんのグラビア画像になります。かなりハイレグの水着を着ているようです。坂井泉水さんのプロポーションが抜群に良いことが分かります。

こちらが日清カップヌードルのレースクイーン時代の坂井泉水さんのグラビア画像になります。ZARDの時にはそれほど濃いお化粧をしたことのなかった坂井泉水さんですが、レースクイーンの仕事の時には顔立ちがはっきりと分かるような濃いめのメイクをされています。その面立ちはやはり美人といって間違いないでしょう。

こちらは右側の女性が坂井泉水さんになります。ポニーテールをしていますが、とてもよく似合っています。坂井泉水さんはレースクイーンにしては少し地味な印象もあるようです。性格もおとなしめだったという話もありますから、こうして人前に出て何かを話すということは苦手なタイプだったのかもしれません。

こちらはレースクイーン時代の坂井泉水さんの笑顔の画像になります。華やかなメイクをして大きなイヤリングもつけていますが、やはり坂井泉水さんの放つ雰囲気はレースクイーンにしては控えめなものといえるでしょう。ZARDの曲も決して派手な曲はなく、かといって地味すぎるというわけでもなく、心に残る曲が多いですが、レースクイーンの坂井泉水さんもそのような雰囲気なのかもしれません。

坂井泉水さんのハイレグ画像はある?

レースクイーンといえばハイレグですが、坂井泉水さんのハイレググラビア画像はあるのでしょうか。坂井泉水さんのハイレググラビア画像について調べてみました。

坂井泉水さんのハイレググラビア

こちらが坂井泉水さんのハイレググラビア画像になります。レースクイーンとはいえ、かなりセクシーなハイレググラビア画像といえるでしょう。こうして改めて見てみても、レースクイーンとしての坂井泉水さんは、華やかというよりはやはり控えめでおとなしい印象が強いようです。

こちらは少し角度を変えた坂井泉水さんのハイレググラビア画像になります。横から見てみても、坂井泉水さんいは余分な脂肪がまったくついていないことが分かります。普段からトレーニングをするなどして、身体のケアもしっかりとされていたのかもしれません。

こちらは濃いめのメイクの坂井泉水さんのハイレググラビア画像になります。立ち姿もさすがレースクイーンという感じで決まっています。レースクイーンの仕事に少し慣れてきた頃の坂井泉水さんのハイレグ画像なのかもしれません。

こちらは雑誌で掲載された坂井泉水さんのハイレググラビア画像になります。こうして正面から見ると、坂井泉水さんが美人というだけでなく、そのスタイルの良さを改めて確認することができます。決して派手ではないですが、しっかりと主張するそのいでたちは、どこかZARDの曲にも共通するところがあるように見えます。

セミヌードも披露したことがあるって本当?

坂井泉水さんは1990年にセミヌード写真集「NOCTURNE」を発売されています。こちらではセミヌードの画像は紹介できませんが、さらに露出の高い、セミヌードに近い坂井泉水さんの画像を集めてみました。

坂井泉水さんのセミヌード一歩手前のグラビア

こちらはキャンペーンガール時代の坂井泉水さんの画像になります。キャンペーンガールには見えないほどの露出の高さで、まさにセミヌードに近い画像といえるでしょう。布からはみ出そうな胸やハイレグのビキニなど、後年の坂井泉水さんからは想像もつかないような露出のグラビアです。

こちらはカラオケのキャンペーンガール時代の坂井泉水さんの画像になるようです。下着姿ではありますが、限りなくセミヌードに近いグラビア画像ともいえるでしょう。セクシーな坂井泉水さんの視線もレアなものかもしれません。

こちらは大胆な水着姿の坂井泉水さんのグラビアになります。お腹がぱっくりとあいたワンピース水着は、ビキニ水着よりもセクシーで、まさにセミヌード一歩手前ともいえるでしょう。

こちらは大胆なポーズで決める坂井泉水さんのグラビア画像になります。露出が多く、こちらもまさにセミヌード一歩手前といえるでしょう。坂井泉水さんは美人でスタイルも良いので、どのようなポーズも似合ってしまいます。

今もなおSNSで話題に上る坂井泉水さん

坂井泉水さんが突然亡くなられてからすでに11年が過ぎましたが、現在も坂井泉水さんのことはSNSなどで話題に上ります。それだけ坂井泉水さんの楽曲が人々の心に残るものだったといえるのかもしれません。

実家にひとりでポツーンと留守番ってのも、何だかなぁ(;´∀`) 

しかし、YouTubeみてたけど坂井泉水さんみたいな人はもう出て来ないだろうなぁ。#ZARD#坂井泉水 pic.twitter.com/PdAv2gKMS8— タカシR・Y (@TakjTUD) August 12, 2018

坂井泉水さんはこれまで登場した女性アーティストの中でも、さまざまな面で群を抜いていました。まさに不世出の存在ともいえるでしょう。だからこそ、死後11年経っても、まだ忘れられることなく語り継がれるのかもしれません。https://platform.twitter.com/embed/index.html?dnt=false&embedId=twitter-widget-1&frame=false&hideCard=false&hideThread=false&id=1028821184794656769&lang=ja&origin=https%3A%2F%2Fluupy.net%2F2793&theme=light&widgetsVersion=ed20a2b%3A1601588405575&width=550px

坂井泉水さんのZARDの楽曲の中で特筆されるのは、やはり坂井泉水さんの声の美しさかもしれません。そして、アーティストとしては稀に見る美しい女性でもありました。https://platform.twitter.com/embed/index.html?dnt=false&embedId=twitter-widget-2&frame=false&hideCard=false&hideThread=false&id=1028872910608289792&lang=ja&origin=https%3A%2F%2Fluupy.net%2F2793&theme=light&widgetsVersion=ed20a2b%3A1601588405575&width=550px

坂井泉水さんの楽曲は、さまざまな場面で使われ、現在も耳にすることがあります。そのたびに、在りし日の坂井泉水さんのことを思い出される人も多いようです。

坂井泉水さんの顔(いでたち?)ファンなのですが、そんなファンを坂井泉水さんなら悲しく思うかもしれないから、まだ聴いた事ない楽曲を徐々に聴いていきたい— 熊山実沙(くまやま みのさ) (@____ssq) August 12, 2018

坂井泉水さんは本当に稀に見るほどに美しい人でした。坂井泉水さんの楽曲はそれほど知らなくても、坂井泉水さんの顔は知っているという人も多いようです。歌、そしてその容姿で、人々の心に生き続ける人といっても良いでしょう。

まとめ:坂井泉水さんのグラビアはセクシーだった!

ZARDとしてデビューする前の坂井泉水さんが、実はモデルやキャンペーンガール、レースクイーンの仕事をしていたということを知らない人も多かったのではないでしょうか。坂井泉水さんは女性アーティストとしては稀に見るほどに美しい人でしたが、そうした人に美しさを見せる仕事をしていたと知って納得された方も多かったでしょう。

坂井泉水さんは残念ながら若くこの世を去ってしまいましたが、その楽曲や美しい姿は今も映像などで残っています。もちろん、坂井泉水さんのセクシーすぎるほどのグラビアも残り続け、また新たな人の目を釘付けにするかもしれません。改めて坂井泉水さんの存在の大きさを感じた人も多かったでしょう。今後も末永く坂井泉水さんは多くの人の記憶に残り続けるはずです。

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中