SAP ABAP ERPで必要な権限

Oracle Data Integratorを使用してSAPシステムにアクセスするために必要な権限の一覧を示します。

SAPシステムへの接続、RKMのインストール、および開発時のLKMの実行には、SAPダイアログ・ユーザーであることが必要です。SAP RFCユーザーでは不十分です。

開発の際、このユーザーには開発者ライセンス・キーが必要です。ライセンス・キーは、http://service.sap.comから取得できます。この開発者ライセンス・キーがないと、実行しようとしても失敗し、クリーン・アップ操作が必要になる場合があります。

本番でRKMおよびLKMを実行する場合は、SAP RFCユーザーで十分です。

これらのSAPユーザー・タイプは次の操作で使用できます。

表A-1 必要なSAPユーザー・タイプ

操作必要なSAPユーザー・タイプ
RKM: セットアップSAPダイアログ・ユーザー
RKM: リバース・エンジニアリングSAPダイアログ・ユーザーまたはSAP RFCユーザー
LKM: 開発SAPダイアログ・ユーザーまたはSAP RFCユーザー
LKM: 本番SAPダイアログ・ユーザーまたはSAP RFCユーザー

以降の表では、SAP ABAPナレッジ・モジュールを使用するために必要な権限をリストしています。

重要な考慮事項

SAP権限を構成するときは次の点を考慮してください。

  • S_DATASETは物理ファイルへのアクセスを制御する認可オブジェクトであるため、SAPディレクトリおよびフォルダがマウントされたパスへのアクセス権を提供する必要があります。ここに示す値はサンプル・パスであり、該当するランドスケープ・ディレクトリ・パスか、または*(all)を指定する必要があります。
  • NRまたは(NR)は、NOT REQUIREDを意味します。

RKM SAP ERPのアップロードに必要な認可

Oracleの製品サポートから明示的に要求された場合にのみ、次のSAP認可が必要です。標準インストールでは、これらの認可は必要ありません。

TRベースのインストレーションでは必須ではありません。

注意:

この認可には開発者キーが必要です。

オブジェクトフィールド名値(ECC6-EHP3)値(ECC6-EHP7)
S_RFCACTVT1616
S_RFCRFC_NAMERFC1, SDIFRUNTIME, SUTL, SYST, ZODI_FGR_PROD*, ZODI_FGRRFC1, SDIFRUNTIME, SUTL, SYST, ZODI_FGR_PROD*, ZODI_FGR
S_RFCRFC_TYPEFUGRFUGR
S_TCODETCDSU53,SE38SE38, WE30, SU53
S_ADMI_FCDS_ADMI_FCDNRRFCA
S_CTS_ADMICTS_ADMFCTTABLTABL
S_CTS_SADMCTS_ADMFCTNRTABL
S_CTS_SADMDESTSYSNR*
S_CTS_SADMDOMAINNR*
S_DATASETACTVT3433, 34
S_DATASETFILENAME**
S_DATASETPROGRAMSAPLSTRF*
S_TABU_DISACTVT302, 03
S_TABU_DISDICBERCLS**
S_TABU_NAMACTVTNR02, 03
S_TABU_NAMTABLENR*
S_DEVELOPACTVT01,02,0301, 02, 03, 06
S_DEVELOPDEVCLAS$TMP, ZODI_LKM_PCKG, ZODI_RKM_PCKG$TMP, ZODI_LKM_PCKG, ZODI_RKM_PCKG
S_DEVELOPOBJNAMEZ$$$XRFC, ZODI*Z$$$XRFC, ZODI*
S_DEVELOPOBJTYPEDEVC, FUGR, FUNC, PROGDEVC, FUGR, FUNC, PROG
S_DEVELOPP_GROUP''
S_PROGRAMP_ACTIONNRBTCSUBMIT, SUBMIT, VARIANT
S_PROGRAMP_GROUPNR*
S_SYS_RWBOACTVTNR01, 02, 03, 05, 06, 23
S_SYS_RWBODESTSYSNR*
S_SYS_RWBODOMAINNR''
S_SYS_RWBOTTYPENRDTRA
S_TRANSPRTACTVT01,0301, 02, 03, 06
S_TRANSPRTTTYPEDTRA,TASK*
S_IDOCDEFTACTVTNR3
S_IDOCDEFTEDI_CIMNR
S_IDOCDEFTEDI_DOCNR
S_IDOCDEFTEDI_TCDNR

RKM SAP ERPの実行に必要な認可

RKM SAP ERPを使用してSAPモデルのリバース・エンジニアリングを実行するには、次のSAP認可が必要です。

オブジェクトフィールド名値(ECC6-EHP3)値(ECC6-EHP7)
S_RFCACTVT1616
S_RFCRFC_NAMERFC1, SDIFRUNTIME, SUTL, SYST, ZODI_FGR_PROD*, ZODI_FGRRFC1, SDIFRUNTIME, SUTL, SYST, ZODI_FGR_PROD*, ZODI_FGR
S_RFCRFC_TYPEFUGRFUGR
S_TCODETCDSU53, SE38SU53, SE38
S_CTS_ADMICTS_ADMFCTNRTABL
S_DATASETACTVTNR34
S_DATASETFILENAMENR*
S_DATASETPROGRAMNRSAPLSTRF
S_TABU_DISACTVT0302, 03
S_TABU_DISDICBERCLS**
S_TABU_NAMACTVTNR02, 03
S_TABU_NAMTABLENR*
S_TRANSPRTACTVT01, 0301, 03
S_TRANSPRTTTYPEDTRA, TASKDTRA, TASK

LKM SAP ERPのアップロードに必要な認可

Upload ABAPオプションが有効の場合、SAP開発環境でSAP ERP LKMを使用してマッピングを実行するには、次のSAP認可が必要です。

注意:

この認可には開発者キーが必要です。

オブジェクトフィールド名値(ECC6-EHP3)値(ECC6-EHP7)
S_RFCACTVT1616
S_RFCRFC_NAMERFC1, SDIFRUNTIME, SYST, ZODI_FGR, ZODI_FGR_PROD_*RFC1, SDIFRUNTIME, SYST, ZODI_FGR, ZODI_FGR_PROD_*
S_RFCRFC_TYPEFUGRFUGR
S_TCODETCDSU53, SE38SE38, SU53
S_ADMI_FCDS_ADMI_FCDRFCA, SFTPRFCA, SFTP
S_BTCH_ADMBTCADMINYY
S_BTCH_JOBJOBACTIONRELERELE
S_BTCH_JOBJOBGROUP''''
S_CTS_ADMICTS_ADMFCTTABLTABL
S_DATASETACTVT06,33,3406,33,34
S_DATASETFILENAME**
S_DATASETPROGRAM*SAPLSLOG, SAPLSTRF, SAPLZ*, ZODI*
S_DEVELOPACTVT0101
S_DEVELOPDEVCLASS**
S_DEVELOPOBJNAMEZODI*ZODI*
S_DEVELOPOBJTYPEFUGR, FUNCFUGR, FUNC
S_DEVELOPP_GROUPNR
S_TRANSPRTACTVT01, 0201, 02
S_TRANSPRTTTYPEDTRA,TASKDTRA,TASK
S_APPL_LOGACTVT066
S_APPL_LOGALG_OBJECTZODI_APPOBJZODI_APPOBJ
S_APPL_LOGALG_SUBOBJZODI_SUBOBJZODI_SUBOBJ
S_TABU_DISACTVT33
S_TABU_DISDICBERCLS**

LKM SAP ERPの実行に必要な認可

LKMオプションUpload ABAP Codeが無効の場合(QAまたは本番)、SAP本番環境でSAP ERP LKMを使用してマッピングを実行するには、次のSAP認可が必要です。

オブジェクトフィールド名値(ECC6-EHP3)値(ECC6-EHP7)
S_RFCACTVT1616
S_RFCRFC_NAMERFC1, SDIFRUNTIME, SYST, ZODI_FGR_PROD*RFC1, SDIFRUNTIME, SYST, ZODI_FGR_PROD*
S_RFCRFC_TYPEFUGRFUGR
S_ADMI_FCDS_ADMI_FCDSFTPSFTP
S_BTCH_ADMBTCADMINYY
S_BTCH_JOBJOBACTIONRELERELE
S_BTCH_JOBJOBGROUP''''
S_DATASETACTVT06,33,3406,33,34
S_DATASETFILENAME**
S_DATASETPROGRAMSAPLSLOG*, SAPLSTRF*, SAPLZODI*, ZODI*, SAPLZODI_FGR_PROD*SAPLSLOG*, SAPLSTRF*, SAPLZODI*, SAPLZODI_FGR_PROD*, ZODI*
S_TRANSPRTACTVT01, 0201, 02
S_TRANSPRTTTYPEDTRA, TASKDTRA, TASK
S_APPL_LOGACTVT0606
S_APPL_LOGALG_OBJECTZODI_APPOBJZODI_APPOBJ
S_APPL_LOGALG_SUBOBJZODI_SUBOBJZODI_SUBOBJ
カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中