SAPでの、かんばん生産管理

用途

かんばん主導の外部調達の場合、得意先は SAP Supply Network Collaboration (SAP SNC) を使用することができます。かんばん処理を手配したサプライヤから一定量の商品を調達する場合に、XML メッセージを使用してバックエンドシステムから SAP SNC にかんばん要求を送信します。このかんばん要求は、空のかんばん容器のかんばんに対応するものです。

SAP SNC の Web ユーザインタフェースで、得意先とサプライヤがかんばんをモニタすることができます。かんばん Web UI には、任意の管理周期の全かんばんの概要、およびかんばんステータスと数量に関する情報が表示されます。特に、サプライヤは空のかんばんを参照し、それに従って納入することができます。

サプライヤが要求されたかんばん数量を得意先に送ったことを得意先に通知する場合は、SAP SNC で空のかんばんに対してASN を登録して発行し、得意先のバックエンドシステムに送信します。SAP SNC では、ASN に基づいて自動的にかんばんステータスが更新されます。得意先は商品を受け取ると、XML メッセージを使用して SAP SNC に入庫(GR) 情報を送信します。入庫情報に基づいて、SAPSNC ではかんばんステータスがフルに設定されます。

得意先がサプライヤにあらかじめ所要量を通知する場合、得意先はバックエンドシステムから SAP SNC にかんばん予定納入日程を送信することができます。サプライヤにとっては、かんばん予定納入日程は単なるお知らせです (ただし、得意先がこれらの数量をかんばん要求で発注した場合、サプライヤにはこの数量を納入する責任があります)。標準システムでは、サプライヤはかんばん予定納入日程に対して ASN を登録することはできません。

統合

SAP SNC にはかんばん処理用の特殊なかんばんアラートがあります。 アラート通知の使用により SAPSNC では、新規のかんばん要求を受信した場合、あるいは ASN で特定の応答時間内に空のかんばんに対してサプライヤが応答しなかった場合に、自動的にサプライヤに通知することができます。SAPSNC では、たとえば電子メールや FAX でサプライヤに通知することができます。そのため、サプライヤがかんばん処理を呼び出す必要があるのは、介入が必要な場合のみです。

前提条件

SAP SNC でサプライヤコラボレーションおよびかんばん処理のマスタデータを設定しておきます。以下の方法で、かんばん固有のマスタデータを登録することができます。

●         SAP SNC システムでマスタデータを登録することができます。

●         SAP システムをバックエンドシステムとして使用している場合 (SAP R/3 4.6C 以上、自動車システムの場合は SAP DI 4.6C2 以上)、かんばんマスタデータ(管理周期や供給場所など) をバックエンドシステムから SAP SNC に転送することができます。ここで、特殊なレポートを使用して定期的にデータを更新することができます。

機能

かんばん処理での XML メッセージ

SAP SNC のかんばん処理では、さまざまな XML メッセージを使用して、得意先のバックエンドシステムからかんばん要求を受信し、得意先のバックエンドシステムとの間で出荷/入荷処理を行います。SAP NetWeaver (2004s 以降利用タイププロセス統合) では、得意先バックエンドシステムからのメッセージを対応する XML メッセージにマッピング、また、その逆の処理も行います。

SAP 得意先バックエンドシステムでは、メッセージを IDoc 書式で送受信します。特に、得意先は SAP バックエンドシステムのかんばん機能を使用して、予定納入日程またはかんばん要求を生成し、これらを IDoc として送信することができます。SAP では、SAPSNC と SAP バックエンドシステム (業種別拡張 DIMP が設定された SAP ECC 6.0、または DIMP のない SAP 4.6C 以降) 間のメッセージ統合に標準 XSLT マッピング (例: かんばんのメッセージフローを参照) を提供しています。

注記

SAP バックエンドシステムから SAPSNC にかんばん予定納入日程を送信するには、予定納入日程 IDoc DELFOR.DELFOR02 およびDELINS.DELFOR01 のみを使用することができます。かんばん予定納入日程の納入日程行の コミットメントのレベルは、プレビュー (004) でなければなりません。SAP SNC では、かんばん処理に JIT 納入日程 IDoc DELJIT.DELFOR02 を使用しないでください。SAP SNC では、この IDocもかん?ホん予定納入日程にマッピングされます。SAP SNC には、1 つのかんばん予定納入日程しか存在できないため、SAP SNC では最初に受信したものが受け入れられ、その後のすべてのかんばん予定納入日程は拒否されます。

SAP バックエンドシステムでのかんばんの詳細については、SAP ERP の以下のパスにある文書を参照してください。

●         SAP ERP Central Component  ロジスティクス生産計画/管理  PP – かんばん生産管理

●         SAP Discrete Industries and Mill Products  SAP for Automotive  かんばん生産管理自動車産業向け拡張

パートナ固有 UI および機能

SAP SNC の Web UI には、かんばんの照会および処理に関する得意先固有およびサプライヤ固有のビューがあります。各ビューには、それぞれのビジネスパートナのロールに対応する機能のみが含まれています。以下の Web UI を使用することができます。

●         かんばん概要には、管理周期、かんばんステータス、およびかんばん数量の概要が表示されます。

●         かんばん詳細には、かんばんステータスや最後に送信した ASN の番号など、概要で選択した管理周期のかんばんに関する情報が表示されます。サプライヤは、この画面領域でかんばんのステータスを作業中または積送中に設定することができます。ASN が自動的に生成され、ドラフトとして保存されるか、発行され得意先に送信されます。得意先は、受領したかんばんをフルに設定することができます。

詳細については、かんばん処理の機能を参照してください。

表示データ

かんばんの Web UI では、選択モード ODM_PO が使用されます。ビジネスパートナのユーザは、以下のデータを参照することができます。

●         サプライヤのユーザは、そのサプライヤが該当するサプライヤとして入力されているサプライヤビューで、かんばん要求を参照することができます。

●         得意先のユーザは、その得意先が該当する得意先として入力されている得意先ビューで、かんばん要求を参照することができます。

これらのかんばん要求のロケーションプロダクトのロケーション名および製品名は、それらのロケーションおよび製品の照会がユーザ権限で許可されていれば、入力ヘルプで利用可能です (入力ヘルプには、ユーザおよびビジネスパートナに応じて、標準購買発注からのロケーションプロダクトの製品名およびロケーション名も含まれています)。

ASN 処理

空のかんばんの場合、サプライヤは ASN を SAP SNC にマニュアル登録することも、そのバックエンドシステムから ASN を SAP SNC に送信することもできます。ASN は、かんばん要求を参照します。ASN に基づいて、SAP SNC で自動的にかんばんステータスが更新されます。サプライヤが ASN をドラフトとして保存すると、SAPSNC では、かんばんのステータスが作業中になります。サプライヤが ASN を発行し、得意先に送信すると、ステータスは積送中になります。

かんばんを積送中に設定するには、サプライヤは所要量にそのかんばんに対して正確に 1つ ASN を発行する必要があります。以下のことは、できません

●         分割納入 (複数の分割数量および複数の ASN での納入)

●         不足納入 (納入数量が要求かんばん数量より少ない)

●         過剰納入 (納入数量が要求かんばん数量より多い)

得意先がバックエンドシステムから SAP SNC に出庫メッセージを送信すると、SAPSNC で ASN およびかんばんのステータスが更新されます。詳細については、 ASN 更新を参照してください。

SAP SNC かんばん処理では、簡易 ASN 更新が利用可能です。ただし、サプライヤは標準 ASN 処理に Web UI を使用することもできます。これには、たとえば ASN の登録時に発生した問題の分析、標準梱包機能を使用したドラフト ASN の ASN 明細の自動またはマニュアル 梱包などが含まれます。

注記

SAPSNC のかんばん処理では、サプライヤの確認は使用しないでください。

ビジネスアドイン(BAdI)

/SCA/KANBAN BAdI を使用して、SAP SNC で必要に応じ得意先に合わせてかんばんデータまたはかんばん処理を修正することができます。

ワンタイムかんばん

ワンタイムかんばんでは、事前に定義されたかんばん数またはかんばん数量に基づいた製品支給は行われません。そうではなく、実際の製品消費に基づいて行われます。製品は、供給場所で継続的に供給され、補充されるわけではありません。具体的に要求があって初めて補充されます。ワンタイムかんばんに対して、個別の管理周期を更新する必要があります。

プロセスフローの詳細については、ワンタイムかんばんのプロセスフローを参照してください。

アクティビティ

SAP SNC の Web アプリケーションメニュー、かんばんでかんばん処理を呼び出します。

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中