SAPの企業構造の構成

SapERPがモデリングしている企業構造の組織階層を図で表現すると、下記のようになります。 

階層図には各組織要素の上位要素と下位要素が示されます。

クライアント

SapERPシステムはクライアント によって論理的に分けられます。 各クライアントには、独自のデータ環境があり、すなわち、クライアントごとに独自のマスタおよびトランザクションデータ、ユーザマスタレコード、勘定コード表、カスタマイジングパラメータがあります。 

クライアント(標準テーブル:T000)とは、SapERP企業構造の中で明記される最も高い組織単位です。ホールディングス、グループの親会社など、組織のトップを示すため、通常は1つしか設定しません。また、クライアントを利用して、開発、検証及び本番の各環境を分けたり、物理的に1台のサーバ上で、複数お客様のSAPシステムがあるように稼働させたりすることができます。

販売組織

販売組織

販売組織(標準テーブル:TVKO)は、販売に対して法的な責任を担う組織単位です。固有の価格条件・価格設定を行うことが可能です。 販売組織は他の組織単位との割り当て関係がそれぞれ下記のようになります。

  • 販売組織及び会社コード: 各販売組織には1 つの会社コードが割り当てられます。
  • 販売組織及び購買組織:購買管理では、 1 つの購買組織が複数の販売組織の役割を果たすことができます。 販売組織には、 1 つの購買組織のみを割り当てることができます。

流通チャンネル

流通チャンネル(標準テーブル:TVTV)は、製品又はサービスが得意先に届く経路(卸売り・小売り・直接販売など)です。固有の条件・価格設定を行うことができます。

製品部門

製品部門(標準テーブル:TSPA)は、製品又はサービスの販売や収益(販売管理)に責任を持つ組織単位です。固有の条件・価格設定を行うことができます。 製品またはサービスは製品部門1つに対してのみ割り当てられます。

販売エリア

販売エリア(標準テーブル:TVTA)は、販売組織、流通チャネル、製品部門の組み合わせとして定義されます。品目など販売に関わるすべてのデータは販売エリア毎に定義することができます

営業所

営業所(標準テーブル:TVBUR)は、地理的にエリア内での特定製品の販売又はサービスに責任を持つ物理的営業活動の場所(支店・販売オフィスなど)です。 一つの営業所は複数の販売エリアに割り当てることができます。

営業グループ

営業グループ(標準テーブル:TVKGR)は、一定の製品の販売又はサービスに責任を持つ営業員グループです。 営業所の所員は販売グループに分割することができます。

営業員

営業員(標準テーブル:TVKGR)は、一定の製品の販売又はサービスに責任を持つ個人です。

購買組織

購買組織

購買組織(標準テーブル:T024E)は、資材とサービスを調達し、仕入先と購買条件について交渉する組織単位です。価格設定に対し、独自の購買情報や条件を登録できます。 集中購買か分散購買によって、購買組織の定義単位をそれぞれ企業グループ、会社又はプラントにすることができます。 購買組織は他の組織単位との割り当て関係がそれぞれ下記のようになります。

  • 購買組織および会社コード:各購買組織は、1 つまたは複数の会社コードを割り当てることができます。
  • 購買組織およびプラント:各購買組織は1 つまたは複数のプラントに割り当てることができます。各プラントに対し、 1 つの購買組織を標準購買組織プラントとして指定します。
  • 購買組織および販売組織:1 つの購買組織は、複数の販売組織に対する購買を担当することがあります。ただし、 1 つの販売組織には 1 つの購買組織しか割り当てられません。

購買グループ

購買グループ(標準テーブル:T024)は、特定の品目について、購買行為に責任と権限を有する個人或いはグループです。

在庫組織

プラント

在庫評価(数量と金額)、管理を行う組織単位です。通常は工場あるいは倉庫に定義されます。 プラント(標準テーブル:T001W)は、MRP実行、及び在庫引き当て処理の単位になります。 プラントは他の組織単位との割り当て関係がそれぞれ下記のようになります。

  • プラントおよび会社コード:
    1つの会社コードには複数のプラントを割り当てることができます。 1 つのプラントに 1 つの会社コードのみを割り当てます。
  • プラントおよび事業領域:
    プラントと部門の組合せを使用して、関連する事業領域を割り当てます。
  • プラントおよび出荷ポイント:
    複数の出荷ポイントを 1 つのプラントに割り当て、反対に 1 つのプラントを複数の出荷ポイントに割り当てることができます。
  • プラントおよび購買組織:
    各購買組織は1 つまたは複数のプラントに割り当てることができます。各プラントに対し、 1 つの購買組織を標準購買組織プラントとして指定します。

保管場所

保管場所はプラント内の品目の存在する場所を示します。在庫を数量基準のみで管理する単位であり、実地棚卸しが実行されるレベルです。

出荷組織

出荷ポイント

出荷ポイント(標準テーブル:TVST)は出荷処理される場所です。通常出荷の種類により定義されます。 出荷は常にただ一つの出荷ポイントから開始されます。 出荷ポイントは他の組織単位との割り当て関係がそれぞれ下記のようになります。

  • 出荷ポイント及びプラント:複数の出荷ポイントを 1 つのプラントに割り当て、反対に 1 つのプラントを複数の出荷ポイントに割り当てることができます。

積載ポイント

積載ポイント(標準テーブル:TVLA)は、積載を行う場所を示す組織単位です。出荷ポイントは積載ポイントに細分化することができます。

財務会計組織

会社コード

基本となる法的に独立した会計単位です。貸借対象表及び損益計算書などの財務諸表を作成する単位です。会社コードには一つの勘定コード表を割り当てる必要があります。 会社コードは他の組織単位との割り当て関係がそれぞれ下記のようになります。

  • 会社コードおよびプラント:
    1つの会社コードには複数のプラントを割り当てることができます。 1 つのプラントに 1 つの会社コードのみを割り当てます。
  • 会社コードおよび購買組織:
    各購買組織は、1 つまたは複数の会社コードを割り当てることができます。
  • 会社コードおよび販売組織:
    各販売組織は、1 つのみの会社コードを割り当てることができます。
  • 会社コードおよび管理領域:
    会社コードを 1 つの管理領域のみに割り当てることができます。この領域では、その会社コードに対して原価計算が実行されます。
  • 会社コードおよび原価センタ:
    複数の原価センタを 1 つの会社コードに割り当てることができます。 1 つの原価センタは 1 つの会社コードのみに割り当てます。
  • 会社コードおよび利益センタ:
    企業連結のため、利益センタが転記された会社コードに割り当てられます。 1 つの会社コードには複数の利益センタを持つことができます。
  • 会社コードおよび事業領域:]] これは論理的なリンクのみとなり、企業構造のカスタマイジングには直接割り当てられません。 1 つの会社コードには複数の事業領域を持つことができます。事業領域が複数の会社コードに跨ることも可能です。

事業領域

事業領域(標準テーブル:TGSB)は内部管理目的の財務諸表を作成する単位です。 事業領域は他の組織単位との割り当て関係がそれぞれ下記のようになります。

  • 事業領域及び会社コード:
    会社コードでは、取引を 1 つまたは複数の事業領域に割り当てることができます。
  • 事業領域は複数の会社コードに跨ることができます。
  • 事業領域及び原価センタ:
    各原価センタを 1 つの事業領域のみに割り当てます。
  • 事業領域、プラントおよび部門:
    プラントと部門の組合せを使用して、関連する事業領域を割り当てます。

管理会計組織

管理領域

管理領域(標準テーブル:TKA01)は、管理会計を行う組織単位です。一つ或いは複数の会社の損益を結合し、利益センタ・原価センタの階層構成ビューを作成することが可能です。 管理領域は他の組織単位との割り当て関係がそれぞれ下記のようになります。

  • 管理領域および会社コード:
    会社コードを 1 つの管理領域のみに割り当てることができます。この領域では、その会社コードに対して原価計算が実行されます。
  • 管理領域および原価センタ:
    1 つまたは複数の管理領域を 1 つの管理領域に割り当てることができます。原価センタを 1 つの管理領域のみに割り当てます。
  • 管理領域および利益センタ:
    1 つまたは複数の利益センタを 1 つの管理領域に割り当てることができます。利益センタを 1 つの管理領域のみに割り当てます。

利益センタ

利益センタ(標準テーブル:CEPC)は、利益を計上する組織単位です。部門や営業所などの組織とする場合が多い。

原価センタ

原価センタ(標準テーブル:CSKS)はコスト(費用)の把握、管理する単位。部門や営業所などの組織とする場合が多い。

人事組織

人事領域

人事領域(標準テーブル:T500P)は、企業における特定の領域を表す組織ユニットであり、 従業員、勤怠管理、および給与計算のアスペクトにもとづいて構成されます。 

人事サブ領域

人事領域は複数の人事サブ領域(標準テーブル:T001P)に分割されます。

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中