仕事ができる人の5つの共通点。

私は仕事を受注するより発注することの方が多いです。
発注する側の視点から「仕事ができる人の共通点」を5つ紹介します。
①スピードが早い。

わかりやすい話ですね。
仕事ができる人は凡人の3倍ぐらい早いなと感じます。
YouTubeのサムネイルも外注さんにお願いしていますが、納品もめちゃくちゃ早いんですよ。
こちらからお願いしますと言わないうちに出来上がっていますからね。
その反面、仕事ができない人はムダが多く、そのムダに時間をかけているんですよね。
業務の効率化ができている人は、作業のムダを省いているから仕事が早いんです。
私にもサラリーマン時代がありましたが、メール1本に30分かけていましたw
これは反省するしかないですが、みなさんもこんな経験ないですか?
会社はあなたに1時間2,000~3,000円ほどの給料を払っているのにメールに30分かけるなんてムダですよねw
そのことに昔の僕は気づけていませんでしたが、発注者側になった今は「その時間もお金払ってるんだぞ」と思いますね。
では仕事ができる人はどうしているかというと、そもそもメールを打たないんですよ。
イケハヤも効率よく働いている側だと思いますが、ムダなことはしません。
移動
単なる連絡
名刺交換
打合せ
このへんは辞めました。
「一度お打ち合わせの時間を….」なんてのは大嫌いです。絶対に行きません。
みなさんのためにYouTubeを撮りたいので、「YouTubeを撮る!」という仕事に集中しています。
本質的なことしかしていないので仕事ができる人間になれるんですよね。
仕事ができる人=スピードが早い=無駄なことをしない
ここ最近はリモートワークが普及したおかげで、サラリーマンもムダな仕事から解放されてきたと思います。
ムダから解放されることで生産性が上がり、給料も上がるのではないでしょうか。
②クオリティが充分高い。

”クオリティが高い”ではありません。
”クオリティが高くはないんだけど充分”ということです。
仕事ができる人の仕事はハイクオリティではありません。
YouTubeで言うと、仕事ができない人はハイクオリティのサムネイルを作ろうとします。
ですが発注者としては、さっさと作って低価格で出してほしいわけです。
会社で言うと、新規事業の提案をするとしてどちらが仕事ができる人間だと思いますか?
パワポやアニメーションを駆使し、プレゼン資料を時間かけて作る
手書きで書いたA4資料を持って社長室の前で3分で説明
仕事ができる人間は後者です。
仕事ができない人間は時間の重要視をしていません。
ムダに時間をかけていることに自覚がないので、膨大な時間をかけて手の込んだプレゼンをします。
社長や上司の時間をとるということは本来かなりの負担になるもの。
仕事ができる人は時間の有限性に気付いているので、サクッと必要なクオリティでアタックできます。
③コミュニケーションコストが低い。

これも重要です。
イケハヤ大学のサムネイルを作成しているゆうすけさんはコミュニケーションコストがめちゃくちゃ低い。
サムネイル発注の募集をしたときに、50通ほどの応募があったのですがそのうち48通は「詳細を教えてください」というものでした。
ですがゆうすけさんは実際に作ったサムネイルを添付し、1枚あたりにかかる時間や値段を1通のDMで提示してくれました。
これが仕事ができる人の発想ですね。
コミュニケーションコストを低くすることでお互いの貴重な時間を割かない。
「このサムネイルどう思いますか?」なんてことも言ってきません。
時間泥棒なフリーランスは切られます。
発注者側の考えていることや時間を重要視し、サクッと必要な提案をしてくれる人が最高です。
④素直。

いろんな人に仕事を発注していますが、仕事ができる人は本当に素直です。
ブログの相談も一時期のっていましたが、成功している人はその場で実践します。
誰かからアドバイスや改善提案をもらったら割とすぐにしてくれる人は仕事ができる傾向が高いです。
逆に残念な話しもあります。
結構成果を出しているブロガーにアドバイスを求められたのでコンサルをしたことがあります。
コンサル後に「このアドバイスを取り入れたらイケハヤ信者と思われそうで取り入れていません。」と言われました。
人の時間をなんだと思っているんだw
変にこだわりを持っている人は自意識過剰なんですよね。
誰もそこまで見てないよっていうw
こういう人は変化できず成長もしません。
まず良いと思ったら素直に受け入れ、それをスピーディーに実践する。
みなさんも変なこだわりは捨ててください。
⑤成長志向が強い。

会社員で年収1000万円はそんなに難しくないと思います。
問題は、年収1000万円を達成して満足する人。
フリーランスなら月収100万円を達成して満足する人。
数字のゴールを達成して成長意欲がない人って多いんです。
これ、怖いですよ。
満足して現状維持に入っちゃうんですよね。
ですが今までと同じことをしているだけでは経営は続かず売り上げも落ちます。
こんな人をたくさん見てきました。
仕事ができる人はこういうことに陥らず、しっかり上を目指していきます。
上を目指して努力、継続、試行錯誤をするので、「現状維持=衰退」ということをよくわかっているのです。
仕事ができる人は常に勉強して常に変化しています。
上には上がいるし、お金はあればあるほど世の中の為に使えます。
しっかり成長志向を持ちましょう。
まとめ。

スピードが早い
クオリティが充分
コミュニケーションコストが低い
素直
成長志向が強い
ぶっちゃけ、この軸で見るとほとんどの人は仕事できませんよ。
コミュニケーションコストが高いことに気付いていない人は多いですね。
ですが逆に言うと、気を付けるのはこの5つぐらいです。
これらを意識して仕事をすることでお金も稼げて周りからも尊敬されるような人になるのではと思います。

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中