逃げ切る50代

逃げ切る50代 割を食う30~40代

日本企業の正社員制度の限界を指摘した日本経済新聞の記事が反響を呼んでいる。12月29日に掲載された記事では、浜銀総合研究所の遠藤裕基氏へのインタビューを基に、日本企業の雇用慣行見直しの影響を分析。その結果、バブル世代を含む50代は逃げ切れる一方、30~40代にしわ寄せが及ぶと指摘している。「将来の賃金アップのために自己投資は不可欠。効率的に働いて、学ぶ時間を捻出する努力が欠かせない」と説く。



フィードアップデート

蛯谷 敏 • フォロー中リンクトイン編集部|次代を創る人を常に探しています!6日前 • むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」割を食うのは30~40代 岐路に立つ正社員制度nikkei.com

  •    132 
  • コメント62件

いいね!コメントシェアHirohisa Imanaka  1次コンタクト1次某通信機器製造メーカー – 非公開

本当にそうでしょうか?先食いをしている層だとも 役職離任で下がる管理職もいますよね。そして定年でだいぶ下がる方も それを先に背伸び昇格で増もあってバランスが取れているのでは。一部の層では40歳から50歳はもうくだり坂ではないでしょうか?またそれを機に転出されてUPの方もいらしていますよね。 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

  • いいね!11件蛯谷 敏さんの投稿へのいいね!11件 
  • コメント1件蛯谷 敏さんの投稿へのコメント1件

いいね!コメント村上 臣 • フォロー中本当に仕事に役立つビジネスSNSを。LinkedInを通じて日本の働き方改革に貢献します!6日前 • 今年最後の投稿は、やはりキャリアの話。2019年は59本の記事を書きましたが、ワークスペース(働き方)・キャリア・筋トレの記事が人気でした。割を食う30〜40代。今こそ考えたい「40歳定年制」|村上 臣(電脳コラムニスト)comemo.nikkei.com

  •    119 
  • コメント6件

いいね!コメントシェア佐々木 剛  2次コンタクト2次チームリーダー – ダイキン工業

結局自分を守るのは現在の業務遂行能力しかありません。 会社から要求されるタスクをこなしつつ、社外価値を冷静に分析し、いつ会社が無くなったとしても困らないよう、テーマを決めて学び続けることが肝要です。 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

  • いいね!18件蛯谷 敏さんの投稿へのいいね!18件 
  • コメント2件蛯谷 敏さんの投稿へのコメント2件

いいね!コメントRyutaro, Ron Miura, CFP®,IBFA, AEPP, CWMP, MARyutaro, Ron Miura, CFP®,IBFA, AEPP, CWMP, MA • 2次‘’The first Japanese” CFP Singapore holder. Specialist in private wealth management. 「日本人初」CFP Singapore有資格者6日前 • もうとっくに割を食ってる40代です。私は日本で就社活動しなかったけど結構仕事得るのに大変だったと聞いてます。20年前に多くの人が就社活動してる間に海外移住するため大学留学した決断は運命の分かれ目になりました。蛯谷 敏 • フォロー中リンクトイン編集部|次代を創る人を常に探しています!6日前 • むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」…さらに表示割を食うのは30~40代 岐路に立つ正社員制度nikkei.com

  •   12 
  • コメント1件

いいね!コメントシェアJun Takagi  2次コンタクト2次億諾凌信息技术(上海)有限公司 – 総経理・CEO 最高経営責任者

私が早期退職制度で会社を去る時、30~40代の優秀な同僚から「50代は逃げきれて良いですね」と言われました。 30~40代は、まさに子育て世代。今日明日の資金が重要な責任世代で、そう簡単にリスクを伴う転進は出来ない事も良く分かります。 とは言っても50代の転進自体がそんなに簡単なものでは無いのも現実。 会社の寿命が短くなる一方、人間の寿命は長くなる現代社会で後払い型賃金も保証できなくなりました。これにどう対応していくのか?今後、年代関係なく「学び直し」「コラボレーション」という個人能力の向上とシェアリングの重要性がますます高まります。 比較的自由がきく我々50代がその先陣をきってトライしていく責務があるのかもしれません。 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

  • いいね!22件蛯谷 敏さんの投稿へのいいね!22件 
  • コメント2件蛯谷 敏さんの投稿へのコメント2件

いいね!コメントTomoko Imai  2次コンタクト2次Developing new education programs.

アメリカのように、皆が流動的になると、転職しやすくなるので、自分に合った仕事が選びやすくなるという側面もあるのではないかと思います。それに合わせて、税金や社会保障の手続きが簡単に出来るようにする必要があると思います。私は出産や、育児などの家族のフェーズに合わせて仕事を変えたのですが、ストレスがなくて良かったです。 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

  • いいね!18件蛯谷 敏さんの投稿へのいいね!18件 
  • コメント3件蛯谷 敏さんの投稿へのコメント3件

いいね!コメントYoshiaki Murase  2次コンタクト2次Risk Management, FP&A & Project Management Expert

確か、随分昔の刊行物でも、全く同じ事を言っていたものがあった様な。 その時の人達は、今どうなったのか、知る由も無いような。 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

  • いいね!9件蛯谷 敏さんの投稿へのいいね!9件 
  • コメント1件蛯谷 敏さんの投稿へのコメント1件

いいね!コメント鈴木 祐美子 Yumiko Suzuki  2次コンタクト2次ー日本の雇用を変えたいー 人材リサーチャー /キャリア関連コラムライター/キャリアカウンセラー

逃げ切れると信じて疑わない50代。現在経営幹部になっている彼らに改革を促しても、当事者意識はない。 また後払い型賃金の30代〜40代は、失われた30年の間にすっかり明暗が分かれた世代。この世代はいかに自分ごととしてキャリア開発を捉えられるかが、今後の将来を左右すると思います。 日本経済新聞に書かれているという事実は、とでも重いと思います。やはり石塚由紀夫さんの記事でしたね。 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

  • いいね!26件蛯谷 敏さんの投稿へのいいね!26件 
  • コメント9件蛯谷 敏さんの投稿へのコメント9件

いいね!コメント落合 一郎  2次コンタクト2次OCHIAI ICHIRO 公立中学校理科教諭 Junior high school Science teacher of Japan

From an investor or Administrator, point of view, “They judge that it is better to make a logical change, as AI shows the human society”, and say, You should do so that. However,we will not be able to keep up. And democracy collapses. And ultimately the only thing that pleases is the supercomputer. In order for humans to grow through trial and error, a sense of accomplishment, and feeling loved in a life that makes use of nature, we must create laws that protect human society in the future. And build new culture for all generations 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

  • いいね!12件蛯谷 敏さんの投稿へのいいね!12件 
  • コメント11件蛯谷 敏さんの投稿へのコメント11件

いいね!コメント森 慶一郎  2次コンタクト2次化学品・素材商社

一昨日、オープンな場では語れないが………という話の内容に衝撃を受けたばかりですが、来年以降、同じようなことを多くの会社がやるのだろうなと思いました。いろいろな見方がありますが、30~40代の方々は、気力、体力共に、来るべき大きな変化に備えるのに、それだけで有利だということをお伝えしたいです。50代半ばでの転進は相当きつかったです。幸い、私には奇跡が起こったのでよかったが………と本当に思います。 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

  • いいね!15件蛯谷 敏さんの投稿へのいいね!15件 
  • コメント2件蛯谷 敏さんの投稿へのコメント2件

いいね!コメントDarrin A.  2次コンタクト2次Author, connector, freelance writer, speaker, influencer, motivator, inspiration coach, leader, and media strategist

ありがとうございました。 私たちは皆、それを実現するために改善と適応を続けなければなりません。 すぐに来る多くの技術的な変更があります。 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

  • いいね!7件蛯谷 敏さんの投稿へのいいね!7件 
  • コメント2件蛯谷 敏さんの投稿へのコメント2件

いいね!コメント眞部 誠一郎  2次コンタクト2次Seiichiro Manabe ピコシステム株式会社 – 参与

人を企業に結び付ける理由 が再度問われる時期に来たのだと思います。 賃金なのか、仕事なのか、人なのか、 等々……. 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

  • いいね!13件蛯谷 敏さんの投稿へのいいね!13件 
  • コメント2件蛯谷 敏さんの投稿へのコメント2件

いいね!コメント薛 美智子  2次コンタクト2次Communications Lead, LinkedIn Japan

ジェネロス世代は辛いですね…が、腐ってないでどんどこ自分で動くしかないと思います! 以下への返信蛯谷 敏さんの投稿むむー。本当に一気に変化が加速しそう。 「終身雇用や年功賃金は法制度で規定された仕組みではなく、あくまで慣行。法制度なら法改正で一気に変わるが、慣行は改革に時間を要する。企業が本腰を入れても実現までタイムラグが生じる。バブル世代を含む今の50代はギリギリ逃げ切れるだろう」 「今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結びついた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう」

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中