上場ゴール

マザーズ市場に蔓延する「上場ゴール」が日本のベンチャーを潰す

これでは、新しいものは生まれない

私はgumiの社長さんと、面接させていただき、NGになりましたが、

マザーズは「マネーゲーム」の場に堕した

「もはやマザーズ市場からは、世界に通用する革新的なベンチャーは出てこない」

現在、ベンチャー企業の登竜門とも言われる、東京証券取引所マザーズ市場に上場審査中の30代のIT企業経営者はこう嘆く。

東証マザーズ市場は2000年に設立され、ライブドアやサイバーエージェントなど、現在では日本経済を代表する大企業に成長したベンチャーを輩出してきた。しかしそれが、現在では「成功例のモノマネをする優等生企業」か「ビッグマウスで投資家をだます企業」の2種類しか輩出できない状態に陥っているという。

「そもそもマザーズ市場というのは、ごった煮のように集まるベンチャー企業への『成長期待』に、ほとんどギャンブル的に賭ける市場だったはずです。東証では、業績が赤字でも上場できるのがマザーズ市場だけなのも、そのコンセプトがあったからこそ。アナーキーさの中から面白いサービスを提供する企業が次々に生まれてきました。しかし、今は単なるマネーゲームの場に成り下がっています」

この経営者によると、その一つ目の理由は、上場時に新規発行株を引き受ける証券会社が保守的になったことが挙げられるという。背景には、新規上場時についた初値をいつまで経っても上回らない「上場ゴール」の蔓延がある。

上場ゴールの代表例として有名なのは、ソーシャルゲーム大手のgumiが2014年12月に東証1部市場へ直接上場したことだろう。gumiは上場後わずか2ヵ月で業績を下方修正し、株価は急落。公開価格の3300円を上場後5年が経過しても1度も超えることができず、2019年12月末段階で800~900円台で推移するなど、3分の1以下に落ち込んでいる。

gumiの財務担当責任者らを中心に、経営陣の株放出が発覚したことや、公募よりベンチャーキャピタルの売り出しが多かったことも、「業績悪化がわかっていて、投資家に損をさせた」「上場サギではないか」などと激しく批判された。

マザーズ市場でも、「シックスパッド」で有名な健康・美容器具のMTGが、2018年7月の上場から1年も経たないうちに販売不振と中国子会社の粉飾決算が明らかとなり、業績予想を下方修正。その結果、株価は初日終値の7350円から2019年12月末に800円を切るなど、10分の1程度にまで落ち込んでいる。

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中