IT業界に多い鬱病の自宅治療のデバイス

鬱病の治療で、経頭蓋直流刺激(tDCS)の自宅用のデバイスが韓国で認可されたそうです。スタートアップ企業の「YBrain」社が開発で、今後コンビニで買えるレベルの価格で発売するようです。患者さんには良いですね。

https://spectrum.ieee.org/the-human-os/biomedical/devices/treating-depression-with-tdcs-startup-ybrain-aims-for-the-mainstream?fbclid=IwAR0uTSbnBpuLcyqnyT24qRjNUXGYNMDS3b4IjPwAL1WjRAgGaUUtGMuFZHw

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中