ベアメタルサーバー

クラウドサーバーは仮想化により、低コストかつスケーラビリティのメリットを享受できる一方、性能面では物理サーバーにはI/O等の処理性能で勝てないといった懸念もありました。
その解決策として「ベアメタルサーバー」が注目されています。

最近では、ベアメタルサーバー(物理サーバー)をクラウド経由で利用できるオンデマンド型も登場しはじめ、クラウドとのハイブリッド利用が増えています。

たとえば、Webからのアクセスを捌くフロントサーバーは拡張性の高いクラウドを使い、処理性能が求められるデータベースは台数をスケールするのではなく、高性能な物理サーバーでディスクI/Oを集約し運用負荷を削減する。このようなクラウドの仮想マシンと物理サーバーそれぞれの利点を活かしたハイブリッド構成で、スケーラビリティとハイパフォーマンス両方の実現が期待できます。

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中